新着記事

アーカイブ

店舗一覧

香、満ちました♪雅な香りの世界を体験の巻
2019/01/23 00:00
 先日、お香の会にお誘いいただき参加してきました。  以前、いち利モールのおでかけの会で銀座・香十さんでのお香を楽しむ会に参加させていただいたり、何度か体験をさせていただいている香席ですが、貴重なお香を聴かせていただくというのは本当に心が鎮まります。  今回はお正月の香席開きということで「萬歳香(ばんざいこう)」という、5種の香りを聞き比べる大変贅沢な組香を体験させていただきました。  香道では「聞香(もんこう)」と言って、香りを「聞く」と表現します。実際に、香炉を手にとって目を瞑り、心を鎮めて香りを味わうとき「聞く」という表現は、ぴったりくる気がします。  お香は香木を細かく刻んだものを、香炉であたため、ふわりと香りをたてます。香木は、長い時間をかけて樹木の成分が固まり芳香をまとった自然の産出物で、現在ではほぼ産出されない貴重なもの。東南アジアが産地で、地名が名前となっているものもあります。非常に高価なものなのだそうです。  組香は「香りを当てる」ゲームのようなもの。まず、証歌(しょうが)という、その香席のテーマともなる和歌を詠み、香元(主催者)が連衆(客)に香炉を回します。連衆は、香を聞いて、答えを書き、香元に渡します。香元はそれを奉書に記録し、正解した人は奉書をいただくことができます。複数正解者がいた場合は、正客に近い人がいただきます。  この日は、5種の香を聞き、その後にそのうちの1種の香を聞いてどの香がをあてる、というものでした。私は残念ながら外れ‥‥。2種で迷って、選ばなかった方が正解でした。他の連衆の皆様もその2つで迷われたよう。答えは2つに割れ、8人の連衆のうち、3人が正解でした。すごい!  香りは、聞くタイミングでも微妙に変わったり、非常に繊細なものなのだそうです。五味といって、香りは辛・甘・酸・苦・鹹で味わうのだそう。五感をフルに活用して、全身で感じる。目を瞑り、時も空間も超えるような、なかなか普段の生活では使わない脳や感覚と向き合う貴重な経験をさせていただきました。  香席が終わるとき、香元から「香、満ちました」という声がかかります。とっても気持ちが豊かになる、素敵な言葉ですね。  代官山のサロン・ドゥ・コロナで毎月開催されている、香道研究家の林先生による「和の香りと親しむ会」は初心者でもお香を楽しめる素敵な会です。お作法なども、教えていただけるので、ご興味のある方は参加されてみてはいかがでしょうか。  普段、バタバタと慌ただしい日々を送る中で、久しぶりにゆったりと自分の内側を意識したような気がします。  また、お正月のおめでたい席ということで、琵琶に房模様の付け下げと、大牡丹の袋帯で張り切ってお洒落をしていきました。やはり柔らかモノは気分が上がりますね~。おでかけでもお呼ばれの席でも着物で参加すると、席が華やぎます、と喜んでいただけるのも嬉しいです。  相変わらずあたふたしているうちに時間が過ぎていきますが、そんな中でも今年は少し余裕をもって、お洒落してでかけたりしてみたいなあと思う、新春でありました。