新着記事

アーカイブ

店舗一覧

卒業式だけじゃない!女子袴の乙女なリボンの結び方の巻
2016/03/23 00:00
3月も後半戦、卒業式シーズンもいよいよ佳境ですね。袴姿を街で見かけると、頭に松田聖子の「制服」が流れて、なんだか甘酸っぱい気持ちになります。  最近は振袖+袴というパターンが定着しているようですね。袴も、1色ではなく、刺繍やぼかし、ヒダの内側が別布、小紋柄などどんどん華やかなものが登場しています。  最初は「袴に刺繍!?」なんて思ったものですが、若い子たちが着ている姿を見ると振袖や中振袖とバランスがよく、可愛らしい。逆に、色無地や江戸小紋などと合わせた場合には昔ながらの1色の袴のほうがよい気がします。先生の立場だとこちらがスッキリしてよいかもしれませんね。  宮城では、小学校の卒業式に袴、というのが定着しているようです。12歳の袴もこれまた可愛い~!!   今年も何度か袴の着付をさせていただく機会があるのですが、本当に楽しみです。袴の着付けなんてカンタンでしょ、と思われるかもしれませんが、やればやるほど袴の丈のバランスや衿の抜き加減など、体型との兼ね合いもあり、キレイでラク、を追求すると奥が深いと感じています。  袴は万が一にもずり落ちたりしないように、しっかりと腰の紐を結ぶのが大事。一番上の太い紐はリボン結びにしますが、実はリボン結びって緩みやすいのですよね。なので、リボンを結ぶ時には最初に一巻き目の紐にからげておきます(図)。そうすると、緩んできにくくなります。  結び目は右か左かに寄せますので、そうするとリボンの端の紐の長さが最後に長短できてしまいます。そこで長い方を後から結び目にかけて前にたらすと、結び目が隠れて紐の長さも揃い、綺麗な蝶々になるのがポイント。  このリボンを結ぶのは右と左どちらでもいいのですが、私は左側に結ぶようにしています。着物の打ち合わせにあわせて、上前のほうにポイントがくるのにあわせています。特に振袖などは左胸にポイント柄が来る事が多いですし、写真などでも収まりがよい気がします。また、右利きが多いので左側にリボンがあったほうが邪魔にならないで立ち居振る舞いができるということもあります。どちらでもお好みで。  一番目につく部分ですから、綺麗に結びたいですね! 自分でも直せますから、着ている人も時々リボンがひっくりかえっていないかちょっと気にして直すと綺麗にキープできますよ。  袴をはくと、着物に比べていきなり身体の稼動域が大きくなります。着物を短めに着付けることもあって、足は開くし、ブーツをはけばかけっこもできたのも納得。実用性も高いものです。普段着に最適なアイテムなんですよ。もっと、袴を普段に履く人が増えてもいいのにな~。  卒業式だけじゃもったいない! 帯結びも簡単で、着物より実はハードルが低い袴。ポリエステルだったら手頃なお値段で手に入ります。袴未体験の方、一度試してみませんか?
震災5年目のきもチャリ!(お着物チャリティバザール)の巻
2016/03/16 00:00
 先週の3月11日‥‥震災から5年が経過しました。去年も、同じように、同じイベントについてコラムを書きましたが、また今年も書かせてください。  女性クリエイター仲間と、震災1ヵ月後から「なにかできることはないか」という気持ちで始めたチャリティイベントも今年9回目となりました。仲間のイベントに参加し続けている、というだけなんですが、できる範囲で細く長く続けて行けたらという気持ちでいます。  チャリティの寄付先は「みちのく未来基金」という、震災で親を亡くした子どもたちに奨学金を支援しようという公益法人です。震災時に0歳だった進学希望者がこの奨学金が不要となるまではおよそ四半世紀。長い活動となります。微力でも、忘れないで続けていきたい。そんな気持ちでいます。  最初はクリエイターの作品をチャリティ販売していましたが、途中から「いらない着物があるんだけど、なにかできないか」と相談をうけたことをきっかけに、不要な着物を寄付していただき、それをイベント販売して売上を寄付する、ということをはじめました。 「お着物チャリティバザール(略してきもチャリ!)」。集まる着物は玉石混交で、目利きでもなんでもない私たちにはその着物に見合った値段をつけることが難しい。なので、非常にリーズナブルなお値段で基本は着て、活かしてくださる方にお譲りしています。  何度か行って定着してきた感もあり、着物を着ない方がいらない着物をまとめて処分するときにこのイベントのことを思い出して寄付を申し出てくださったり、よく着る方でも着ないものを持ち込んで、さらにイベントで好みの物をゲットして二重で寄付をしてくださったり‥‥。毎回、協力してくれるお店もあります。続けていけるのも、ご協力してくださる皆さんのおかげ。  箪笥の肥やしの着物を、欲しい方へ橋渡しすることで、チャリティにもなり、手放した人も買った人も、そして着物も活かしてもらって、皆が笑顔になれる気がして、携わり続けています。正直手間はかかるし大変なのですが、準備段階から協力してくれる人も増え、また着物たちがどんどんお客様に笑顔で持ち帰られるのを見るのが楽しくて、続けられています。  今年も3月11日~13日の3日間、「wasurenai 2016」と題してイベントを行い、アーティストマーケットと一緒にきもチャリ!も開催しました。  きもチャリ!会場となった「昭和な家」の二階の4畳半と3畳の二間は、一番にぎわったときには寒い日だったのに、窓をあけないと暑いくらいの熱気に包まれ、たくさんの着物が広げては羽織られ、畳まれまた広げられ、皆でわいわい「これは」「あれは」と大騒ぎ。  人が羽織ると着物が違って見えるんですよね! 準備から、ずっとそこにある着物を見ている筈なのに「あら、あんな素敵なのあったっけ!」と、誰かが持っているのを見て、目が釘付けになることもしばしば。あの人が掴んでいるあの着物、買うのやめないかな~、わたし欲しいな~なんて横目で見ていたり(笑)  どんな着物にも白馬の王子様(?)みたいに、似合った素敵な人が現れるのが面白い! 私が羽織ってもなんだかイマイチなものが、違う人が羽織ると「パア~ッ」と音がするくらい素敵になったりするんです。これが不思議!! そして着物好き同士の情報交換も楽しみのひとつ。  今年は、取り壊されてしまう京都の町家から江戸縮緬の色留袖などのアンティーク、ほかにも加賀友禅の留袖や凝った裏地の袖を通してない型染め小紋などなど、びっくりのよいものもあり、それもリーズナブルなお値段で大切にしてくださる方のところにお嫁入りしていきました。  着物の他にも未使用の下着や足袋から、帯締め帯揚まで小物もいろいろで、上から下まで一式お買い上げ、という方も。あるもので、うま~くコーディネートもできちゃったりします。  シミがあったり、訳ありだったりするものも、初心者の方の練習用やステージ衣装など、いろんな活路を見いだして、活躍の場に旅立っていきました。お子さんの着物や、男性の着物も。最後まで売れなかったり、汚れでどうしようもないものは、つるし雛や裂き織りなどの細工物用に。  捨てられるはずだった着物、買ったけど似合わなくてお蔵入りになっていた着物や帯が有効活用されて、その売上が寄付できるというのはいいよね! と続けている次第です。  着物のチャリティバザーを行っている団体は他にもあります。もし不要な着物があったら、そういったところへの寄付も選択肢の一つに加えていただけたら、と思います。  着物という、好きなものに関わることで、できることをできるだけ。関わる人が笑顔になれることも、大事なこと。チャリティについてはいろいろな考え方があると思いますが、まだまだ道途中の東日本大震災の復興を応援したいと、仲間と続けている小さな活動のお話でした。
KIMONO PRINCEに挑戦☆必勝妄想コーデ!?の巻
2016/03/09 00:00
 先月でしたか‥‥いつものようにいち利モールのトップページを開いたら‥‥あれっ、間違えてゲームサイトを開いてしまった!? というようなキラキラのビジュアルがど~ん! 良く見ると「KIMONO PRINCE」と書いてあります! 刀じゃなかった! 着物だった!!  早速コラム担当のNさんに「あれはどういうことですかー!」とメールすると、「気がつきましたか!」って、気付くがな! どうも、お買い物をするとチケットがもらえて、それを使ってプリンスのクイズに答えると、正解した回数に応じて点数がもらえて、それが景品に換えられるらしいんです。  景品を見てみたら、あら、これ欲しいわ~というものがいっぱい。「ちょっと試してみて下さい」と特別にポイントをもらったわにこ、景品どれにしようかな!と思った瞬間、「あ、テストなんで景品には換えられませんよ」とクギが。あっ、やっぱり~~? 世の中そんなに甘くないですね。  早速会員サイトにアクセスしてチケットを使ってみると‥‥‥京都のプリンス(名前覚えろよ)がクイズを出してきました! 着物のクイズならまかせろ!と思ったら、意外にも一般雑学だった!!!マジでか!! よく考えると着物も着てないし、なにがKIMONO PRINCEなんだろう?と思いつつ(笑)クイズに答えると、正解するとポイントが増え、不正解だと減るドキドキな仕組み!!! 最高50ポイント、最低でも10ポイントもらえるようです。  今回は、ハデハデのプリンスたちに負けないよう、必勝ハデハデコーデを妄想してみました。  http://bit.ly/1pwmDNJ 同じ栗山吉三郎工房の大きなお花の着物と帯、こんなにガラガラでも喧嘩しないのは着物の凄いところ。どや!! 頭にもでかい花つけたるで!!  3人のプリンスたちは、どうも京都、博多、米沢がモチーフらしいです。着物産地擬人化。それぞれ産地の着物生地っぽいものを身につけていますが‥‥なんで着物じゃないのか?という素朴な疑問はさておき、ゲーム好きとしては、彼らの詳細設定や攻略方法が知りたいところです。  ルックスをみて、京都はツンデレ、博多はオレサマ、米沢は癒し系かと思いきや、クイズを出す態度は意外と‥‥‥(笑)。ちょっとゲームが好きな私としては、もう少しキャラの人数(産地)を増やして、1日1回無料でゲームができて、着物の知識が身に付き、親密度がアップしたりとか(多少の課金もあったり)そのキャラと親密度が最高になると、その産地の反物がもらえるとか‥‥‥などなど妄想が妄想を呼ぶ妄想ゲーム設定企画タイムに(阿呆)  でも、これは、健全なクイズゲームなのでした(笑)。  3月発売の七緒の広告で、KIMONO PRINCEのクイズが体験できるシリアルコードがゲットできるみたいですよ! ぜひ、あなたもKIMONO PRINCEのクイズにチャレンジしてみてください!  そして「私なら‥‥」と妄想を膨らませてみて下さい!!(それ違う)
3月6日(日)和菓子作り体験に行ってきました
2016/03/07 00:00
3月6日(日)いち利モールの着物でお出かけイベントは、 「着物で和菓子作り&京菓子資料館特別展『糖芸菓子で楽しむ琳派』鑑賞(ランチ付)」でした。 当日は雨の予報だったので、服装に悩まれた方もいらっしゃいましたが 晴れ女の集まりだったのでしょう雨は降りませんでした 少し早めのランチ 着物のお話やお出かけしたお話などなどで盛り上がっていました 今回、ランチをいただいた京都平安ホテルのお庭がすばらしくて お庭で集合写真をパチ! おいしいランチをいただいたあとは 皆様お楽しみの和菓子作りをする『京菓子資料館 俵屋吉富』へ 初めて和菓子作りする方が多くわくわくとエプロン着用中 先生の実演を見学して、テーブルにもどって作り始めます 今回は『桃』を3種類の作り方で作るとのこと まずは茶巾絞りから・・・ 2つ目は桃のお花は指で花びらを作るのですが・・・ 先生の見本の用には難しいとおっしゃりながらも、可愛い桃の花ができあがりました そして3つめは 桃の花が満開に・・・ 美味しそうですね 初めて和菓子作りのイベントを開催したのですが みなさん楽しんで作っていらっしゃいました。 作った3つの和菓子はお土産としてお持ち帰りただきました。 和菓子作りのあとは糖芸菓子の展示を見学して お抹茶をいただきました。 ご参加いただいた皆様ありがとうございました <次回イベントは > 4月2日(土)歌舞伎鑑賞会(明治座) ※残席わずかとなっております。ご参加待ちいたしております。 5月 関西にて企画中です。決まり次第募集を開始いたします。 ▼着物でお出かけイベントページ http://ichiri-mall.jp/tokushu/05.php
ひなまつり茶会でお手伝い☆菱餅コーデの巻
2016/03/02 00:00
 まだまだ気温は低いですが、日差しに春を感じるようになりましたね。先週末、子どものイベントのお茶会のお手伝いをしてきました。  NPO法人ZEROキッズでは、数年前から子どもたちの「日本文化体験」ワークショップを開催しているのですが、その集大成として「日本文化 おもしろ体験塾」という教材が完成。私もいろいろとお手伝いをさせていただきました。  そのお披露目イベントの会場には雛人形が飾られ、教材に使われた二十四節気・七十二候のイラスト展示や、雛人形の折り紙コーナーもあり、親子連れでにぎわっていました。 「ひなまつり茶会」は、子どもたちに茶道体験をしてもらおうというコーナー。緋毛氈をひいて、野点のようにしつらえました。お客様も子どもたちが多く、初めてのお茶、おいし~い!と飲んでくれる子、にが~い!とびっくりする子。可愛い~(もはや孫を見るおばあさん目線)。皆真剣に先生のお話を聞いて、えらい!  キッズの茶道ワークショップに通っている子たちが、着物を着てお運びのお手伝い。これがまた可愛い!!  私は、お手伝いの大人が少ないという理由で、このごろさぼっておぼつかないお点前をすることに。前日焦って本でブツブツ復習していたのは内緒です。結局先生に見てもらう時間もほぼなく、ぶっつけ本番。いやあ緊張した。  先生に「間違えても『アッ』という顔をしないで、粛々と進めれば大丈夫よ!」と言われ、ポーカーフェイスで頑張りましたが内心汗だくだく(笑)。まあ~無事に終わったのでよしとしましょう。していいんじゃないかな‥‥していいよね。してください(泣)。  終わった後にコーデ写真をとったのでヨロヨロですが(笑)お正月に来たピンクの江戸小紋、比翼衿がついているのですが華やかすぎるかな、と内側に折り込んで普通の衿に。 (比翼衿で着ているのはこちら)  梅と、鼓に房がついてる(はぁと)白い箔の帯。それに草色の帯締めで、名付けて「菱餅コーデ」。自分だけが楽しい(笑)ひなまつりコーデです。  久しぶりに正絹の長襦袢、たれ物の長着、1つ紋の黒羽織を着たのですが、お袖の振りが、綺麗に整っていてとっても嬉しくなりました。ふきの部分の色も見えるので、3枚が重なっているのに5色が見えてなんだか幸せ(^^)。絹の重みも心地好い。  いつも気楽にちゃちゃっと普段着を着ていますが、丁寧によそゆき着物を着るのって本当に気分があがります。  そしていくつになっても、ひなまつりは楽しいですね。子どもたちに囲まれて、楽しい楽しい一日でした。 「日本文化 おもしろ体験塾」はWEBで一般公開されている教材です。「きものの一生」という部分のイラストや動画撮影などに関わらせていただきました。  横スクロールで巻物みたいな面白いサイトです。  日本の懐かしい歌や季節や作法、エコの知恵がいっぱいつまっています。  お子さんと一緒に楽しんでも、大人が見ても楽しいです。七十二候で、1年の季節を感じるのも楽しいですよ。わたしはふろしき王子ことよこやまさんの風呂敷コーナーが好きです(笑)。興味があったらのぞいてみてくださいね。