十日町紬

十日町紬イメージ

十日町紬は、新潟県十日町で作られている紬です。豪雪地帯で伝統的に作られてきた絣模様が特徴的な、風合いの柔らかい、ほっこりとした雰囲気の着物です。丁寧で精密な工程で染められた地色や柄は豊富にあり、家の中で着るのはもちろん、ちょっとしたお出かけでも着られるようなものが多くあります。着物通販いち利モールでは、産地から直接仕入れた十日町紬を数多く取りそろえています。ぜひ、ご自分に似合うものをお選びください。

並び順:
表示件数:
29件あります
29件あります

十日町紬の歴史

十日町では、昔から織物産業が盛んにおこなわれていました。有名な豪雪地帯で、冬の間が織物をして生活をしていたと言います。盆地にあるため強風が吹かず、麻織物の原料となる苧麻(ちょま)の栽培が盛んにおこなわれていました。また、布を雪の上に広げる「雪ざらし」をすることで上質な布が作られていたことから、絣技術が発展し、後に麻織物から絹織物が中心となりました。明治時代にはさまざまな絣技術が開発され、さらに絹織物が浸透していきます。今では十日町紬のような先物染めをはじめ、友禅染めでも有名な町になっています。

十日町の「絣」

十日町紬イメージ

十日町紬は十日町絣とも言われるように、「経絣(たてかすり)」と「緯絣(よこかすり)」からなる絣模様が特徴です。繊細な絣模様を作るためには、複雑な工程を丁寧にこなす必要があります。糸の撚り方が少し違うだけでも図案どおりに色が入らず、きれいな絣にはなりません。丁寧に糸の強さや太さを揃え、摺込捺染で図案の配色どおりにその部分を染めていきます。その後、配色部分をゴムや糸で括り、地色を染めます。経糸と緯糸それぞれに、このような精密な工程をおこなった後、やっと機織で布に織り上げていくのです。織るときにも、絣の図案どおりになるよう、慎重に作業がおこなわれます。

多様な表情が特徴

十日町紬イメージ

手触りが柔らかい十日町紬は、節のある撚糸で織られているため味のあるほっこりとした風合いの良さがあり、絹の持つ光沢が多くの人を魅了してきました。また、柄のデザインも昔ながらの格子柄や絣模様のほか、幾何学模様のようなモダンなものまで多様にあります。普段の着物として着られるのが一般的で、カジュアルな感覚で伝統的なデザインを自由に楽しむことができます。温かみのある優しい風合いが街にもなじみやすいので、ちょっとしたお出かけに着るのにもおすすめです。きっとコーディネートの幅が広がり、着物がもっと好きになるはずです。

閲覧履歴