九寸名古屋帯

九寸名古屋とはイメージ

九寸名古屋帯はセミフォーマルからカジュアルまで幅広く使える帯です。そのため素材や柄も豊富にあり、自分の個性をいかしたコーディネートを楽しめます。セミフォーマルでも使用するのであれば、金糸や銀糸を使った格調の高い織り帯が向いています。おしゃれ着として使用するのであれば、個性的なものが多い染帯もおすすめです。西陣や京紅型などさまざまな帯を取り揃えていますので、TPOやコーディネートに合わせて、お好みの帯を選んでみてください。

並び順:
表示件数:
285件あります
285件あります

カジュアルな名古屋帯

そもそも名古屋帯は袋帯を簡素にしたようなカジュアルな帯のことです。大正時代の終わりごろに名古屋女学校の創始者が発案し、松阪屋が売り出したことで全国的に広まりました。名古屋で生まれたことから付いた名称が名古屋帯です。当初は染帯でしたが、現在では織り帯の名古屋帯も作られるようになりました。布地を袋状にして仕立てられる袋帯よりも少し薄く短めで、フォーマルには使用できません。織り帯に箔を使ったような格調高く感じられる織り帯であればセミフォーマルに使用できますが、基本的にはカジュアル向けの帯と言えます。

九寸名古屋帯と八寸名古屋帯の違い

九寸名古屋イメージ

九寸名古屋帯と八寸名古屋帯は仕立てあがった際の大きさがほとんど同じなので、何が違うのか分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。帯に仕立てる前の幅が鯨尺九寸のものが九寸名古屋帯です。仕立て前の幅に違いがあるのですが、仕立てると同じような大きさになるため一目で判断するのは難しくなっています。九寸名古屋帯は仕立て上がりよりも生地が大きいため、両端を織り込んで帯芯を入れて裏地を付けています。九寸名古屋帯は染め帯も織り帯もあり、セミフォーマル向けのものがより多くあります。TPOに合わせてコーディネートしやすいのが魅力です。

九寸名古屋帯の合わせかた

九寸名古屋イメージ

もともとカジュアルな名古屋帯ですが、九寸名古屋帯にはセミフォーマルに使用できるものもあるため、素材や柄も多種多様にあります。染帯であれば軽めの小紋や紬のような織り着物に合いますが、軽めの付け下げにも合います。織り帯であればどのような着物にも合いますが、箔を使った格調高いものは色無地や付け下げにも合わせられます。少し変わった小紋や紬には個性的な名古屋帯を合わせてみるのも面白いです。フォーマルのように決まったルールはありませんので、しゃれっ気を出してみたり渋くまとめてみたりと、自分らしいコーディネートをお試しください。

絞り込み項目

帯柄付け

在庫有無

閲覧履歴