お出かけシーン別5コーデ お出かけシーン別5コーデ

初詣

すっきりとした『そら色』の着まわし小紋に古典柄の帯で初詣へ。色のコントラストに…

紅葉・お花見

春、秋の行楽には艶やかな景色に負けないような印象的なコーディネートが◎。着物は…

お茶会

お茶席では控えめな着こなしがマスト、優しい雰囲気の『山吹色』の着まわし小紋に金…

結婚披露宴披露宴

上品な『銀鼠色』の着まわし小紋に高級感のある銀糸の袋帯ですっきりとした“モダン…

同窓会

エレガントな『薄藤色』の着まわし小紋に、帯はカラフルな更紗柄の九寸名古屋帯であ…

他の小紋と何が違うの?

POINT.1 より自由な着まわしが可能な色と柄

小付けの柄行は遠めには無地に見え、どのような帯でも合わせやすい特徴があります。流行がない伝統的な柄行をデザインに取り入れることで着用範囲も広く大活躍。初級者の方は“はじめの一枚”、上級者の方には“着まわし用の一枚”としておススメです。

POINT.2 どこにでも着ていけるクオリティ

丹波ちりめんの「紫陽花縮緬」を使用。独特のシボはしなやかな風合いに優れ、シワがよりにくく、「袷」で仕立てても、「単衣」で仕立てても気持ちよくお召しいただけます。

製作者コメント いち利バイヤー

小紋は多種多様にありますが、なかなか「ちょうどいい」ものがありません。たくさん加工を加えると値段は上がり、逆に安く済まそうとするとそれらしいものになります。
「ちょうどよい」とは着物はじめの方でも、ながく着物を楽しんでいる方にも見てもらえて、帯があわせやすく多用に活用できる、それでいて手ごろな一枚で使いやすいものです。
良い白生地が入手できたので、この機会に色や柄を吟味して使い勝手よく、たくさん着まわせる小紋を作ってみようと思いました。