2017年12月掲載

「ちょい足し」でお洒落度UP!
クリスマスコーデを楽しむコツ


12月に入り、いち利のお店にもクリスマスの半衿や帯留、帯などが入荷しました。スタッフもそれぞれにクリスマスを意識したコーディネートで店頭に立ち、なんとなく店内も華やかに心浮き立つ年の暮れ。ちなみに、私の今日のコーデのポイントはグリーンのネイルです♪

さて、この季節は恒例のいち利クリスマスパーティーも楽しみのひとつです。本店と福岡天神店ではお店のフロアを開放してのホームパーティー形式、心斎橋店ではレストランやホテルの会場と趣は異なりますが、たくさんの皆様が着物のお洒落を楽しみにお集まりくださいます。
イベントシーズンの年末年始、クリスマスやお正月こそ着物の出番!と心待ちにしておられる方も多いことでしょう。でも、一方で「何を着て行ったらいいかしら…」なんて楽しいお悩み(?)もありますね。

ツリーやサンタなどクリスマス柄の着物や帯もあり、特に帯は比較的手ごろな価格で可愛いものが見つかります。けれど、そのシーズンだけのために大物を誂えるのは、少し躊躇してしまうかもしれませんね。そこで今回は、ふだんの着物や帯に簡単な「ちょい足し」で、イベント感を盛り上げるアイディアをお話したいと思います。

まず、私が一番おすすめするのは「色の演出」です。
いつもお話することなのですが、日本は四季がある国ですから、季節ごとに気温や湿度が移り変わります。それにつれて私たちの目に入ってくる色や光も変化してゆきます。さらには、肌に感じる空気や音なども影響しあって、私たちの「美しい」「好ましい」と思う感覚を作っているのです。
冬はちょうど、赤や緑などはっきりしていて温かみのある色をきれいだなと感じる季節。この力を借りない手はありません。
帯揚や帯〆などはもちろんですが、ハンカチだっていいのです。身に着けるちょっとした小物にクリスマスカラーを取り入れるだけで、全体のイメージまでクリスマス風に見えてくるんですよ。 たとえば、私はお太鼓に大きくポインセチアが描かれた栗山紅型の名古屋帯を愛用しております。色はブルー系と紫なので、ふだんは柄を意識することなく春や秋にもどんどん締めています。それが、帯〆帯揚に赤や緑を使ってツリーの根付を着けると、ばっちりクリスマスのポインセチアに見えるのです。本当に重宝している、お気に入りの一本です。 ほかにも、星や雪の結晶、楽器やワイングラス、リボンなどの柄も小物しだいでクリスマスにふさわしい雰囲気になりますね。クリスマスそのものといった柄ではないので季節を限定せず着用できますし、イメージをふくらませて工夫すること、それ自体が着物好きには何よりの楽しみではないでしょうか。

半衿や帯揚、帯留、根付はクリスマスモチーフを手軽に取り入れやすいポイントですが、こちらも柄ものに限りません。街が美しくライトアップされるのに合わせて、半衿や帯留にキラリと光るスワロフスキーなどを取り入れるだけでも、ぐっと季節感が高まりますよ。

また、いち利本店のクリスマスパーティーで毎年皆様が熱を入れるのが長襦袢のお洒落です。
クリスマス柄そのものでなくても、赤や緑が入った柄だったり、いつもよりぐっと遊び心の利いたものだったり。ふだんはぜいたくせず、賢く着まわしているスタッフたちも、このときばかりはえいっと思いきって好きな長襦袢を新調します。私は、昨年はグレー地にトランプ柄の長襦袢を選びました。クリスマスパーティー開始早々に、皆で集まって「せーの!」と長襦袢を出し、記念撮影をするのが恒例の楽しみになっているくらいなんですよ。店長には「目のやり場に困るからやめてください!」なんて言われてしまいますけれど。 余談になりますが、着物をずっと着ていくと女性は誰しも表に見える着物より、「裏もの」のお洒落に凝るようになる気がいたします。着物を始めたばかりのころは、まず着物ならではの美しい色柄に心惹かれます。それが、だんだん帯や小物のお洒落が楽しくなり、羽裏、八掛、ついには帯の裏地にこだわり始めたりして。ぱっと目に付くところではなく、見えないところで秘めたお洒落を楽しむというのは、日本人の美意識のひとつかもしれませんね。

人様はまず気がつきませんし、気づかれなくてもかまわないのですけれど、誰かが気づいてくださったときの、あのなんとも言えない嬉しさ。それを思うと、私自身も周りの皆様の「見えないお洒落」に気がつきたいと思いますし、気がついたときには「素敵ですね」とお声を掛けるようつとめております。
特に、いち利本店のある銀座に着物姿でおいでになる方は、やっぱり皆様装いに気遣い、ちょっと特別な気持ちでいらっしゃると思うのです。高価なものや目立つものでなくとも、さりげなくご自分なりのこだわりを表現していらっしゃる方は、とても素敵です。

季節感の演出というのも、そんな着物ならではのこだわり、お洒落のひとつだと言えますでしょう。季節の変化を敏感に取り入れている方は、ご自身が楽しんでおられるのはもちろん、周りの方をも楽しい気持ちにしてくださいます。
年に一度のことにぜいたくなように見えるかもしれません。けれど、年に一度このときだからこその楽しみというのも、私たちの生活をより豊かに彩ってくれる大切なものではないでしょうか。

ことに、クリスマスはルールにとらわれず好きなお着物を楽しんでいただく絶好の機会です。これがお正月となりますと、どうしてもおめでたい新年にふさわしいきちんと感や周囲の方への礼儀などが大切になって、ご自身のお好みというわけにはいかないこともあるでしょう。

繰り返しになりますが、そのものズバリの柄よりも、ちょっとしたこだわりがセンスよく見えるということもあるのです。ぜひ皆様思い思いに、クリスマスのお洒落を楽しんでくださいね。

ちなみに、いち利のクリスマスパーティーのご案内はこちらです。(本店 / 心斎橋店 / 福岡天神店
素敵な景品が当たるゲームもご用意しております。初めての方、お一人様も大歓迎♪どうぞお気軽にお越しくださいませ。

☆「銀座の女将 きもの知恵袋」連載3周年イベントのお知らせ☆

おかげさまでこのコラムは、2018年3月に3周年を迎えます。当初は、1年くらいでお話が尽きてしまうのでは…と心配していたのが、LINE限定配信からいち利モール掲載へと拡大し、本当に大勢の皆様にご覧いただけるようになりました。ご愛読くださっている皆様に心から御礼申し上げます。
そして、この感謝を込めまして、来年1月に心斎橋店、2月に本店、3月に福岡天神店で、「きもの知恵袋 実践講座」と題したイベントを開催することとなりました!
文章だけではお伝えしきれない着物ライフの基礎知識とお役立ちテクニックを、実演形式でご紹介いたします。また、皆様とランチタイムをご一緒して、いろいろなご質問や着物のお話をお伺いしたいと思います。
詳しくは、銀座いち利ホームページのイベント案内( http://www.ichiri.ne.jp/event_info/ )にて随時ご案内してまいります。皆様とお会いできますのを、心から楽しみにしております!

■実践講座の内容予定(抜粋)■
1)美しい着物姿のために…おでかけ前の支度&帰った後の始末
2)着付けをもっと楽に、美しく…生地や体型でこんなに違う着付けテクニック
3)いまさら聞けない!着物の常識…知っておきたい大人のマナーと困ったときの対処術
4)読者の皆様からのギモン解決コーナー ★大募集中!下記の要領でどしどしお送りください★

今月のおすすめコーディネート

コーディネートに使用したアイテムは、SOLD OUT、及び販売終了の場合がございます。ご了承ください。

※女将への質問、感想大募集!※

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。ご感想やご意見、女将にこんなことを聞いてみたい!などなど、こちら(info@ichiri.ne.jp)までメールにてお寄せくださいませ。もしかしたら、次回のコラムのテーマにさせていただくかも!?お便り、お待ちしております。

※メールにはタイトルに「女将きもの知恵袋宛」と明記ください。いただいたお便りは全て女将が拝見いたしますが、お一人お一人へのご返信はご容赦くださいませ。このコーナーの中で、できるだけご紹介させていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。

チェックした商品でWeb試着する