着物通販トップ  >   いち利モール着物工房  >  東北(米沢) 近賢織物

東北(米沢) 近賢織物

近賢織物について

近賢織物のルーツは1860年まで遡ります。 近藤金太郎が上州山田群桐生村(現在の群馬県桐生市)から織物技術者として米沢に入り、節糸織を開発、製造を始め、現在に至っています。糸にこだわり、染色にこだわり、織組織にこだわる近賢織物の帯や着物は着る人の心をとらえます。近年では現代感覚を取り入れた新製品開発にも力をいれています。

バイヤーからのコメント
近賢織物の近藤社長は冗談が多く明るい人柄です。その人柄が溢れる米沢織りの帯がおすすめです!

工房での作業風景

フォトギャラリー

工房のおすすめ商品

この工房の全商品を見る

ページの先頭へ